slum3

10月にはいり、家の近くでは秋祭りが開催されています。

秋祭りでは、おみこしを担いでそのおみこしで子供たちがたいこを一生懸命たたいています。

借金してまで、ハイローオーストラリアをしていなければ・・・。

私の子供も、小学校3年生くらいでおみこしに乗ってたいこをたたいていたはず。

今、ひとりで生活しているとふと、そんなことを考えている。

たらればなどいったところで、すべてのことは自分で選択してきたこと。

嫁と子供を捨てて、借金とハイローオーストラリアを選んでしまったのは俺。

少しでも生活を楽にしたかった・・・。

といっても、まともに仕事をしてある程度残業していればそれなりの生活をできていたのに。

なんで、それで満足できなかったのか?

ギャンブル的なもので稼ぐことなんて、そう長くは続かない。

いうか続けられるだけのメンタル力がなかったな。

そんな俺のやったことの結果がこれ。

離婚・・・両親どうしは、しかたがないことと受け入れられても、子供は受け入れられないだろう。

ましてや、まだ小さかった俺の子供。

最初に元嫁と出ていくときも、いつも通りのお出かけのような感じで「ばいばい」していた。

【スポンサード リンク】

まさか、そこから家に帰ってくることがないなんて思っていなかっただろう。

あれから半年以上。

もうすぐ、最後の借金ばれから1年の月日が流れる。

子供を見なくなってから1年。

今は、養育費を毎月、納めていくのみ。

こちらからの連絡はしない。そもそも、元嫁は面会交流権を認めてくれなかったから。

しかし、それはもはや仕方のないこととして諦めている。

それでも・・・・・たまに、顔だけでもみたくなる。

写真の1枚くらい、現況確認でくれたらいいのにな・・・。