books

今週に入って話題となっている、アパホテル元谷外志雄代表がペンネームにて出版した「理論 近現代史学Ⅱ」。

この書籍に、朝日新聞プロデュースの捏造史観、「南京大虐殺」について「なぜ、南京大虐殺が嘘・捏造と言えるのか」が書いてある。

私も他の政治・経済ブログにてこの南京大虐殺の虚構については勉強した。

そして、この本が炎上した原因とは!

中国人・アメリカ人の旅行者がアパホテルに泊まったときにこの本を見つけて、「歪曲史観だ!」とSNSに投稿したことが発端。

これについて、かなりの反応、拡散もあり報道が過熱。

これについて中国側も公式発表をする始末。

たかが、いちホテルの書籍について・・・・。

はっきりいって異常としかいいようがない。

そして、これに対する対応としてアパホテルがとった行動とは。

簡単に言うと

「文句あるんなら、どの部分が間違ってるんか言ってみろ!!」

といったところ。正論なんやけど、これがいままでの日本企業にもできず、いまだに政府公式としては言えていないこと。

すげーよ、アパホテル。政府が言えないこと言ってるし。

そして、この炎上によってアパホテルに出る影響とは?

1.中国人が宿泊できなくなる。

これについては、実際に中国の各旅行会社はアパホテルの宿泊を取り扱いしていないらしい。

ということは・・・?

大声で喋り捲り、基本的に日本人の感覚とは相容れないやつらが「アパホテルからいなくなる」ということ。

中国人をうっとおしがってる人は大勢いると思いますが、アパホテルがおすすめということですね。

【スポンサード リンク】

2.炎上により、社名・ホテル名が広まる。

よきにつけ、悪しきにつけ。名前が広まるというのはある程度のメリットもある。

そして、今回の件については歴史的事実のみを見たときにアパホテル側が正解なのだからまともに検証したひとからは賞賛されている。

また、これが口火になって南京大虐殺は真実なのか?という公式の検証もしやすくなるのでは?アメリカもちょうどトランプ大統領就任で中国よりの姿勢を緩めるだろうし。

沖縄の基地問題についてのTOKYO-MXTVの番組「ニュース女子」

こちらは国内問題についての話題。

要点としては、基地反対運動について参加日当としてお金が支払われていたという事実を報道したもの。

これについては、その現場にいって取材したわけではないものの、反対派が配っているビラに実際に記載されていた、というもの。

okinawanittou

「のりこえねっと」という基地反対派グループの宣伝ですね。

実際に、最近起きた基地反対派と大阪府警の「土人」問題についても反対派の正体は隠されて「土人」発言のみが取り上げられている。

相変わらずテレビは偏向しまくり。まともに取材して、事実を報道すればいいものを、自分の会社のバイアスをかけてくるから。編集しまくりやし。

しかし最近はネットの発達で間違っている報道があれば即指摘されているし、テレビ報道の信頼性も薄れてきたように思う。

現地の状況については、現地の人が発信しているブログとかもあるしね。

いままで、情報の発信をコントロールできていたマスコミが、コントロールできない媒体の出現により信頼性が大幅ダウン中。

これ以上情報操作をしようとしても、自分たちの信頼度をダウンさせるだけ、と気づくマスコミがでてきてくれればいいんですけどね。

スポンサーがあるいみ国民である、NHKも捏造・偏向しほうだいやから・・・・。

早く放送法を改正してNHKの放送料削るか、捏造における罰則の強化をしてほしいですわ。

会社・個人が失敗したときにこれでもかってほどたたくくせに自分たちの不祥事は隠してうやむやにする・・・。

そんなやつらがいつまでも権力を持ってるのはいかんでしょ。

なんとかしてほしいわ~。

  1. 俺の借金経歴はこちら。https://syakkin500.com/500-syakkin800-kojinsaisei-ninniseiri-rikon/  
  2. カードローン・キャッシング経歴はこちら。 https://syakkin500.com/cardloan-sinsa/matome-sakusei/  
  3. 離婚のはじまりはこちら・・・・ https://syakkin500.com/rikon/sayonara/