mitumeau

多重債務の借金まみれ。

それが真実なのに、個人再生の手続き中というだけで返済を免れている。

個人再生、債務整理というのは本当に、借金を繰り返してきている多重債務者の救いになる。

借金はそれ以上できなくなるし、借金の返済におわれることが一時的にストップする。

これによって、自分の生活を立て直すことができるようになるから。

この制度を、初めから使っていれば・・・。

一度目の借金返済のときに、やっていればよかった。

そうすれば、2回目以降の借金もなかったのでは?と思う。

一度目の借金以降はこちらで以前にかきました。

クレジットカードのリボ払いに頼るようになり、借金返済を先延ばしに。

前回の記事のあと、クレジットカード支払い、しかもショッピングだったので使ってから、次の月以降に請求がくる。

そして、俺のクレジットカードは月が変わった時点で「支払いが終わった」ものとみなされて枠が復活するようなシステムだった。

【スポンサード リンク】

これが、俺のショッピングクレジットの使用をさらに加速したように思う。

このようなシステム、クレジットカード会社からすると契約者にさらにクレジットカードを使わせるのにちょうどいいのかもしれない。

どんなものも、使う人しだい、ということだ。

ショッピングクレジットの支払いをカードローンで埋める。

最悪の状況。

借金地獄におちるような人間は、同じようなことを経験しているだろうと思う。

そう、借金を借金で返すという愚行。

借金、つまりカードローンの残高を、「自分の使えるお金の残高」と錯覚してしまうのだ。

この錯覚は、なかなか治らない。

なぜなら、給与が振り込まれても支払いに消えてしまうので使えるお金がないのだ。

だから、せっかく返済したカードローンに手を伸ばす。

【スポンサード リンク】

カードローンも、使うひとしだい。おれはその条件にみあう人ではなかった

カードローンが悪いわけではない。

カードローンを使うひとがわるい。使い方を知らない・・・というかそういったお金の知識は、学校では教えてくれないからね。

カードローンも、世の中にはたくさんあって。

借金を繰り返す人は「家族にばれたくない」という気持ちが強い。

そのため、カードローンもネット完結でカードを受け取ることができるものを選ぶ。

そうやって、高金利のアコムとかアイフルに手を出す。

そんなことをしなくても、銀行系カードローンの低金利なもので、内緒でも契約できるものはあるんやけど。そんなのは、わからんもんな。

カードローンとショッピングリボ。多重債務の種。

多重債務にならないために、ハイローオーストラリアで稼ぐ。

そんなものは俺には無理だった。

3度の借金で。家族にも出ていかれてそれにようやく気付いた。

だからもう、ハイローオーストラリアとは手を切った。

もう、この先はFXやバイナリーオプションには手を出さない。

株には手を出すかもしれないけど、あくまでも長期保有で考えている。

それも個人再生の手続きが終わったあとのこと。

あと2年。この期間の間に。

俺の借金体質を貯金体質に変えないと。

自分自身のからだも、ダイエットしないとな・・・。

その間に、子供にも顔向けできる父親になりたい。


Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?