日経121

カードローンとキャッシングで借金1000万のsaimuです。

年明けから、株価が軒並み下がってますね。円は買われて円高になってしまっていますが。

Yahoo!ニュースより

株安の引き金は、11日の海外市場で一時1ドル=110円台後半まで急伸した円相場だ。先行きに不安を抱える投資家が、比較的安全な資産とされる円を買う動きを急速に強めている。約2週間で11円近く円高が進む異例の展開で、株式市場では、業績に不利になる輸出関連株などが売られた。11日に銀行の信用不安を抱える欧州株式市場が総崩れしたことも響いた。

日経平均の年初からの下落率は21・4%と、2000年のITバブル崩壊時とほぼ並んだ。続く株安で株式などで運用する投資信託の1月の損失は4兆8千億円に上り、過去6番目の規模だった。

アベノミクスの限界か?米国経済の縮小・・・・?

 

株安と円高は結構同時に進むkとが多いみたいですね。なぜかというと、やっぱり株式投資は外国人が主にやっている、という点がおおきいのではないでしょうか?

「円が安全資産」なんて、日本人のほとんどは分かってないしそもそもそんな自覚はないでしょう。だって、普段使っている通貨が円なんですから。

【スポンサード リンク】

日銀のマイナス金利導入により、国債の長期金利もかなり下がりました。そのため、儲からないと判断した投資家がそういった箇所に投資していた金が流出して他の投資活動に移行するはず・・・・だったのに現実としてはそうなっていません。

これは、日本以外の市場がさらに不安定といった影響もあるでしょう。中国の通貨「元」が国際通貨入りするかと思えば、国際通貨に必須の「市場流動性」が担保されておらず、上海市場では連日サーキットブレーカーが発動して株の取引ができなくなっている。

中国のえせバブルもそろそろはじけそうですよね。ここ5年くらいはずっと言っているような気がしますが。投資家の皆さんはいつバブルがはじけるのか、見守っている状況でしょう。バブルがはじけたら、「元」の価値が下がるので「安全資産」である日本の製品を買いに「爆買い」なんてものができているんでしょう。

富裕層の危機感は半端ないですね。そう考えると、「爆買い」もあと2~3年の間に終わりそう。

円高・株安は「アベノミクスの失敗ではない」

こういった記事を見かけるのは、珍しいけど実際にはこの通りなんでしょう。元記事は、こちらから。

現代ビジネス:円高・株安は断じて「アベノミクスの限界」ではない!~中国の大不況が原因なのに、政権批判に転じるマスコミは破綻している

この記事にもありますが、

日本国債が安全資産とみなされているのは、日本に増税余力が残っているからだ。たとえば日本の消費税は8%と世界的には低い水準で、いざとなれば日本は一段の増税をする「のりしろ」がある。だから投資家は「まだ大丈夫」と思っているのだ。

ただし「増税余力がある」という話と実際に増税する必要があるかどうかは、まったく別だ。余力があっても増税なしで景気を回復させ税収を増やせれば、それに越したことはない。のりしろは減るわけではないし、それがあるからこそ円や日本国債が安全資産であり続けるのだ。

増税余力がある、とみなされて安全資産の地位を築いているんですね~。たしかに、北欧のスゥエーデンとかでは税金が10%越えるのは当たり前ですからね。いろんな福祉が充実しているそうですが、今は「シリア難民」という名の国際強盗団に襲われてしまっていますからね。

これから、どうなるのか・・・。アメリカもどうやら、次の大統領は移民反対派が有力なようですし。ヨーロッパ全土において、移民排斥がトレンドですね。

日本は・・・・地続きでない分、そういった難民が来にくいので助かっていますが、移民推進の動きをとっている感じですね。いつもは「世界のトレンドが・・・・」とかって言ってる、マスゴミの皆さんはどうしたんでしょうかね?

【スポンサード リンク】

まあ、こんなこと言っても私の借金が減るわけじゃなし。ストレス発散のネタにしているだけのとこもありますけど。ある意味、「安全資産」とされている「円」を持っている日本がいま、経済的に一番強いはずなのでもっとその辺をアピールしてくれれば国民の意識も上がって景気浮揚の原動力になると思うんですがね。

どうなんでしょう。経済のことも対してわからん、saimuがちょっと偉そうに分析してみました。なんせ、こんな混乱市場からはすぐに撤退ですね。特に、自分の身の丈以上にFXや日経先物のポジションを取っている方は。


Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?