furusato

 

ふるさと納税とは?

ふるさと納税とは、自治体への寄附金のことです。
個人が2,000円を超える寄附を行ったときに住民税のおよそ2割程度が還付、控除される制度です。
2015年4月1日より、個人が2,000円を超える寄附を行ったときに、確定申告をすると住民税のおよそ2割程度が

所得税から還付、住民税から控除されるようになりました。
また、確定申告が不要な給与所得者等に限り、確定申告の代わりとなる

「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を寄附先自治体へ提出することで、

住民税のおよそ2割程度が住民税から控除されます。
つまり、実質今収めている県民税・市民税の一部を任意の自治体へ移転する事になります。

こんな制度ですね。つまり、自分の今住んでいる場所で払っている税金を別の場所で払うことで

その払った分は税金控除される仕組みです。しかも!!お得なお礼品ももらえるという・・。

基本的に、こちらの「お礼品」目当てでこの制度を利用している人が多いんじゃないでしょうか?

お礼品の内容とは?実質2000円でお得に納税!

ふるさと納税のお礼品には、さまざまなものがあり、各自治体の特産品が主なものとなっています。

その一例を、こちらのふるさとチョイスから紹介します。

その1:佐賀県上峰町 サクラポーク豚ロースと有田鶏ももの鍋セット1Kg

その2:高知県須崎市

特別本醸造酒「須崎」(西岡酒造)1.8L 本醸造酒 「金凰司牡丹」(司牡丹酒造)1.8Lセット

など・・・・こちらの2つは、どちらも1万円のふるさと納税により、いただけるお礼品です。

他にも、自治体、金額別に多くの品がラインナップされています。

どうせ納税はしなくてはいけないもの。プラス2000円でこれだけのものがもらえるなら、

お得だと思いませんか?

ふるさと納税って、どうやってするの?

ふるさと納税のフローを、こちらの「ふるさとチョイス」さんから転載します。

flow01

flow02

flow03

flow04

このようなフローです。実際にやってみないとどうなのか、わかりませんが・・・。

2015年のふるさと納税について、2016年にその控除額分が返って来るような感じですね。

これは一度、自分でやってみてレポートするのがいいのかもしれません。

2015年12月までにチャレンジしてみようか・・・・。

2015年4月より制度が改定!確定申告が不要に。

2015年4月に制度が改定されました。以下の2点です。

変更点1:特例控除額の上限が個人住民税所得割額の約1割から約2割に拡充
※控除限度額が2倍になるという事ではありません。
変更点2:もともと確定申告不要な給与所得者等の場合、寄附先が5団体までであれば確定申告不要に
※ただし、確定申告に代わる申請書を寄附先自治体へそれぞれ郵送する必要があります

更にふるさと納税がお得になりました。

確定申告っていうと、その響きだけでめんどくさそうですよね。

私も、今年はバイナリーオプションで非常に大きな損失を計上していますので、こちらの

損失を確定申告する必要があります。

そのついでに・・・ふるさと納税にもチャレンジしてみようかな?

副業でうまく1万円以上の収入が入れば・・・・・。このお得な制度を利用しないわけにはいかないでしょう!

で、体験レポートをまたアップすると・・・。

ふるさと納税まとめ

ふるさと納税は、「納税」となっていますが実質は各自治体への「寄付」です。

なので、自分の生まれ故郷でなくても、この制度の利用は可能です。

私のブログで紹介させてもらっている、ふるさとチョイスでは、各自治体のお礼品の

ラインナップから、控除額上限の計算シミュレータ、ふるさと納税の方法などが詳しく

わかりやすく掲載されています。

ぜひ、見てみてください。


Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?