家族

カードローンとキャッシングで借金1000万のsaimuです。

昨日はあの東日本大震災から5年でした。

私は幸い、関西に住んでいますので直接的には関わりませんでしたが、姉が東京にいましたのですごく心配したのを覚えています。

仕事面でも影響がでました。東北のほうの業者から、部品がとどかなくて生産が止まりそうになったり。

当然、向こう方面には出張なんていけません。

そんな状況から5年経ちましたが、いまだにテレビに映し出されるのは復興が進んでいない状況。それは、政治だけのせいではないんでしょうけどね。

各々、自分の生活がありますから、被災地に住んでいる人以外は自分の生活に追われてどうしようもないでしょう。

私も当時、募金をちょっとだけしましたがそのときだけですね。今はそんな状況でもないですし。

自分の資産とも言えるもの。それが一瞬でなくなるとはあのとき、誰も思っていなかったでしょう。

裕福な生活をしていた人も、普通の生活をしていた人も、そして借金持ちも。

一瞬で生活ランクが下がってしまったことでしょう。特に、借金をもっていた人はどうなったんでしょうか?正直、大手の消費者金融に借りてた人なんかは自己破産するしかなかったのでは?

普通の生活をしていた人で余裕をもって返済していた人でもそうでしょう。

現在の借金生活と、今後。

あのような震災が今住んでいる場所で起こったら。どうなるんでしょうね?個人再生の手続きなんて進められる状況ではありませんが。利息だけはつみあがっていくのでしょう。

そうなると個人再生の認可が遅れた分支払い完了までの期間も長くなります。

まず、その前に自分の生活も守れないし、もちろん離れて暮らしている家族がどうなるのか。わかりません。今は一人で暮らしているので自分のことばかり考えてしまいますが、いずれは家族と再び一緒に暮らしたい。

そのために今を頑張る。そう思っている。

でも、実際には?真剣にその先のことも考えているか?

今は、個人再生開始~終了までの道筋がようやくついてきたところ。次は、そのあとのことを考えていかないといけない。

このブログにこうやって書き出していくと、自分の考えも多少まとまる部分もあったり。

文章を書くことで自分の考えをまとめている部分もある。

この先2年は、個人再生の支払いがある。そしてそこから7~10年はローンなどは自分名義で組めない。もちろん、住宅ローンなども。

嫁さんとしては、自分の家が欲しかったでしょう。その夢をかなえるためには個人再生費用だけでなく、その夢貯金をしていく必要があります。

今、一人で生活している間にその夢貯金を少しでも進めていきたい。

毎月の給与から生活費を引き。残業等で給与が多いときなどは別の口座:住信SBIの口座で管理していきます。当然ネット収入はすべて住信SBIへ。こちらのお金はよほどのことがないかぎりは使わないこととします。

そして、家族と再び生活ができるようになった暁にはその金額をすべて家族の夢貯金とするのがいまの目標です。

ただ、こうやって余分なお金をためていくのが個人再生手続き上問題ないのかはある程度(10万以上)貯まった段階で弁護士に相談してみようと思います。

がんばろう。