ハイローオーストラリア、マイナスの拡大。危険領域に突入。

 

201410月

この月は総取引高が1400万。ペイアウトが1200万。

約200万の赤字でした。

日々の中でみると、プラスのときもあるんですが更に上を目指して取引するうちに

マイナス、ゼロになるまで取引をしてしまっていました。

一回ごとの取引高は、追い詰められるとともになぜか上昇。

これは、ギャンブル全体にいえることかもしれませんが小額を勝ってきて、その分を一気に負けたりすると

さらにそれを含めて取り返すために無謀な額を取引して損失を悪化させてしまうという・・・。

典型的なギャンブルの悪循環にひっかかっていました。

それでも、まだクレジットカードの支払いをリボにして当月をしのぐ。

そんな状況でした。

一発逆転のためには、ハイローオーストラリアで取引を続けるしかない!!

状況は刻々と悪化していきました。

そんな中、親戚の結婚式が。しかも海外での挙式となっています。

嫁さんから

「海外やから、お祝い10万と支度金とかもいるから20万ほど口座からおろしといてね。」

と言われ。

「わかった。」

と応じてみたものの、実際に通帳にはそこまでの金額は残ってません。

毎月の支払いに当ててしまっていたためです。

「どうしよう・・・・・これは、消費者金融に借りるしかない。」

となっていました。すでに、クレジットカードの支払いのために楽天銀行カードローン、

バンクイックと契約済み。ここまでくるともう、躊躇というものはありませんでした。

まずは有名どころから。

ここで選択したのは、アイフル。契約はすでにバンクイックとかで慣れていたので

年収の証明書も持って、万全の体制で審査にのぞみ・・・・・

限度額50万のカードをゲットしました。

限度額50万。ここでハイローに使ってしまうのがギャンブラーの性。どうしようもない。

結局、必要経費の30万を残して20万をハイローオーストラリアの口座に入金。

溶かしてしまいました。

海外の挙式ということで、式が終わった後は自由時間。さすがに海外でまで

ハイローはせずにハイローオーストラリアも借金のこともわすれて、遊んでました・・・・

帰国と同時に現実に。

帰国と同時に、迫る返済日と家賃とかの必須支払いに追われることになりました。

当然、使い切っているので支払いに当てる金はありません。

こうなると、道はひとつ。

更に借金して一時的にしのぎ、ハイローオーストラリアで勝って補填する!!

こんな考え、普通の人ならありえませんが・・・

当時の私は本気でそう、おもっていました。

徐々に、一度目の嫁バレの時期が近づいてきていました・・・・・。

 


Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?