アディーレ

個人再生中のサラリーマン、saimuです。

前回の記事の続きです。弁護士事務所に連絡した後、姉とそのことについて話をしました。

前回もちょっと相談にはのってもらったんやけど。

その前に、今月の弁護士費用の支払いが完了。あともうちょっとで弁護士費用の積み立ては完了するんやけど・・・。

その前に離婚の話とか引っ越しの話がでてきてしまったのでボーナスの分を一括して入れるのを保留中。

個人再生費用の総額については、この契約書に書いてある通り。

keiyaku-1

約43万。これに再生委員の報酬も10万上乗せされる。そして、それとは別に個人再生の手続き費用として3万円。これは、提出する資料の印紙代であったり交通費であったりするらしい。

合計56万が手続き費用となる。俺は住宅ローンとかないので個の費用。

そして、それにサインしたのがこちらのページ。

keiyaku-2-1

個人情報が載ってるんで、そこの部分は塗りつぶしたけど。これが個人再生の委任契約書の全貌。他にも、個人再生を進めるにあたって「ブラックリスト」に乗る事とか官報に載ることとかの説明を受けてサインしたものもある。

以上が、個人再生の手続き資料。

資産調査のための資料は弁護士事務所から手紙が来て提出するのは以前の記事に書いたとおり。

個人再生の手続きがそんな状態のなか、離婚の手続きもすすめないといけない。いろいろとハードな状況になってきたなあ・・。

【スポンサード リンク】

姉との相談。育ってきた環境・・・。

個人再生についての弁護士事務所との連絡が終わってから、姉に電話。

いろいろと話しこんでいたら結果として2時間もしゃべっていたようだ。

こどものころから、姉はかんしゃくもちだったと自分で認識していた。俺はそんなふうにみたことはなかったが・・・。

しかし、それを見ていたので俺は親にとって「かしこい子」としてふるまってきたのかもしれない。

基本的に、俺は何に対してもドライに対処してきたし、あまり自分の意見というものを押し通したことはない。自分の意見を押し通さなくても、他人の意見のほうがよいと判断したらとくに反対もしなかった。

この4年間に及ぶ結婚生活においてもそうだった。

自分の意見をはっきりとぶつけたことはなかったように思う。

それは、そうやって意見をぶつけることで嫁さんが機嫌が悪くなったりするのがいやだったから。逃げていた。自分が我慢していればそれでいいと。

その結果、嫁さん側からすると、「あなたはいつも私にばかり責任を押し付ける。たまには自分の意見というものをいってほしい」となってしまったんだろう。

俺としては責任を押し付けたつもりはない。

そうやって嫁さんの決断に乗っかって、その結果に対する責任から逃げたことはない・・・はず。

ただ、こうやって日常的に自分の意見を押し殺し、他人に合わせてきたがために変なところで放出されてしまったのかも。それが、ギャンブル。FX。

【スポンサード リンク】

そして、嫁さんが家からでていくという決断をしたときに、止められなかったのは。俺が自分のせいだということを理解していたし、こんな借金まみれの環境で嫁さんと子どもを苦しい状況に追い込みたくなかった。

その決断も、もしかしたらまちがっていたのかもなあ・・・。嫁さんは、もしかしたら「一緒に頑張ってほしい」というひとことを待っていたのかな。

もはや、戻ることはできないが。

姉とのはなしのなかで、養育費についても相談してみた。金額についてはとくに何も。俺がやりたいようにやればいいと言ってくれた。

離婚したとしても、俺の子供には変わりないから、自分がやってあげたいと思うだけ、あげればいいのでは?と。

この件については、後日両親とも話し合いをするつもりだ。

この先、わが子も小学校から大学までいくかもしれない。そのときどきで、大きなお金が必要なときがくるだろう。そのときのために、貯めておくことが必要だ。

たとえ、面会が拒まれて。ずっと会えなかったとしても。


Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?