kansya

前回の記事で、嫁さんとの話し合いはいい方向には進まず、離婚寸前みたいなことを書いた。そんで、自分が何も変わってない、変わらないといけない・・・というようなまとめになったのだが・・・

その記事に、コメントのやりとりをしている、シンさんからのコメントが。

シンさんのブログ。「ブラック・自己破産からのキャッシング」

で、そのコメントが入っているのが前回の記事

このコメント、始めに見たときは失礼ながら

こんなこと、他人に言われる筋合い無いんじゃ!どうすればいいか分からんから困ってんねん!

と思ったのも事実。とはいいつつも、直球で一面の真実というか・・・嫁さんの言いたかったこともこのコメントになかに含まれているような気もした。

基本的に、記事にコメントが付いたらすぐに返信するようにしてるしそこそこの文章で返すようにしてる。でもこのコメントに対しての答えがすぐに出なかったので「心に突き刺さるコメント」って言葉だけで返した。

はっきりいって、このコメント、恥ずかしいから承認せんと返事だけしよかな~とも思ったんやけど。

そういう「逃げ」の姿勢が現状を作り出してるってのもあるのであえて公開した。

父親とも今回の件について電話で話をした。

仕事がおわってから、父からの電話。内容は週末の嫁との話し合いについてのことだった。

結果を話した上で、父に相談もしたのだが・・・。

この相談のときに思ったのは「やはり親子だなあ」ということ。

今回の件で、母はかなり考えこんでいるようでいろいろとこちらに提案してくる。その中には実家を担保にお金を借りて借金を返してしまえば?という提案も含まれている。

当然、そんなことしたら最悪、両親の住む家がなくなってしまうの俺は断固拒否。お互いの生活を守るためには俺が個人再生の認可を受けて2年で復活するのが一番いいと思っているから。

両親ももうすぐ60代後半に差し掛かってくる。これ以上、負担はかけられない。

そんで、父のほうの考えとしては「母がしたいようにすればいい」というもの。

これって、今の俺のスタンスとまったく同じやし、このスタンスを取ってしまっていたがために嫁からもあきれられてしまっている。

父のせいにするわけではないが、今までのいろんな話し合いがあったが問題に対しての決定はいつも母がしていたような気がする。

父はいつも、「それでいい」とうなづくだけ。もちろん、それについては父の中でもある程度の意見はあった上で母の決断のほうがいいと思ったからそういう返事をしてきたのだと思う。

しかし、母からすると「また、問題をこっち任せにして・・責任もこっち持ちや」となる。

実際、俺が嫁さんと話し合いしていたときによく話題にのぼることでもある。

俺としては結果の責任を俺も一緒に負うつもりで「それでいい」と答えているのだが。

それが相手からすると「あなたはいつも何の意見も出さずにこちらに放り投げてばかり」となってしまうようだ。

こうやって文章にすると、嫁さんがそう思うのも仕方ないかな・・・と思う。実際、父と話をしているときにそう、思ったから。

最近、よくやりとりするブロガーさんも、わざわざ記事として取り上げてくれた。

そのちゃおずさんのブログがこちら。

自分の書く記事が、他人にどう捉えられているかって結構気になるもんですからね。だから、コメント欄もつけてるわけですから。

しかし、たまにこうやってリンクしてくれるのでこちらのアクセスも結構上がったりするんですよね。記事本文内からのリンクって、結構重要。ということでお礼も兼ねてリンクを付けておきました。

ちゃおずさんの記事本文にもありますが、俺としても、まだ嫁さんがほんとにちょびっとだけ信頼して舞ってくれていると思いたいから前回の記事もそういう記事の書き方になったと思う。

嫁さんが本当に考えていることなんて、わからんからね。

それでも1%くらいは期待してくれていると思ってこの先の生活を考えていかないといけない。

当たり前のことができる人間になりたい。

シンさんのブログみたら、「立派に借金できる人間になりたい」とあった。

確かに、今はとても「まともな借金」とはいいがたい。

返済できる見込みもなく借金して、生活費まで使い込んで。

それでもやめられてないというのがそう。

同じ1000万の借金でも、返済計画がきっちり決まっていて「何年後に返済できる」という見込みがあって。

自分の価値を高めたり資産としての価値があるものへの投資としての借金は「まともな借金」だから。

家を買っている人なんて、1000万以上の借金は当たり前にしてるから。

それでも俺の1000万の借金は何も残ってないただのみっともない借金。

これを早く清算したうえでその先の生活まで見通せないと、嫁にまた呆れられてしまう。

借金を早く清算しないといけないのは、すでに規定路線なのでその方法とかはもはや議論の価値はない。気になるのはその先。借金を整理し終わったらそれで終わりじゃなくて。

まだその先がある。

その先の展望を、話し合いでちゃんと議論して決めたい。子供も大きくなってくる。

子供の成長を助ける義務が両親にはあるわけやから。

そのあたりの話をしたいんだろう・・・とこうやってブログの記事にしながら思った。

借金整理のその先。

それを考えた上で個人再生にも取り組まないといけない。

嫁さんが気になっているのは個人再生をどう進めるか、とかじゃなくその先はどうするのか、どうやって生活を立て直すのか。現実的な答えがほしいんだろうな。

すぐに答えはでないけど。

考えていこうと思う。


Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?