a0780_000447

 

昨日、1昨日とほとんど寝てないのでかなりきつい中、仕事を終わらせてきました。

この記事書いたらもう、寝ようと思います。

前回の記事に、応援?コメントをいただきました。

やっぱり、元嫁の要求はちょっと厳しいですよね。

確かに離婚の直接の原因は俺の借金なんやけど。

これ以上、俺の借金で子供に苦労をかけたくないからこそ、離婚を要求してきたのはわかるし、俺も同意した。

けど、それと俺が子供に会えないのはまったく別の話じゃないんやろうか?

【スポンサード リンク】

世間一般の離婚家庭はどうなのか?

離婚が成立してから、「離婚」関係のブログ記事とか、そういった問題を取り扱ったサイトなどを良く見るんやけど。

やっぱり子供にとっては定期的な面会交流は保障されるべき、というのが一般的なようであるしそういう支援の団体もあるくらいだ。

ただ、これについては子供に対して虐待を加えていたなどの特別な事情がある場合は逆に連れ去りなどのリスクがあるために保護すべきという意見も当然ある。

俺は子供に対しては虐待なんてしたことないし、むしろ元嫁よりも積極的に世話をしていたほうだと自負している。

俺の会社には子女の看護休暇というものがあるので、子供が1~2歳の間は子供が熱を出したときなどは積極的にその休暇を利用するようにしていた。

子供の体調不良が理由で休んでいたのは、年間を通してみれば俺のほうが圧倒的に多かった。

直属の上司がそういったことに理解のある方だったし、自分の仕事も自分でコントロールできるものだったのも幸いしていた。

そう言った観点からいっても俺としては面会交流を許してほしかった。

事実、この公正証書を作成するときも最後までその点だけは粘り強く要求したのだが・・・・。

【スポンサード リンク】

元嫁の主張と俺の主張は平行線・・・・・

元嫁側が

「私がいやだ。あわせたくない。子供も、お父さんのことについて話すと反応がよくない」

という主張を曲げなかったために慰謝料の減額を条件にあきらめざるを得なかった。

この点については今でも、あのときも。

「そんあなわけあるか!!確かめるために、せめて一度は面会させてくれ!!」

 

という俺のスタンスは変わっていない。

 

もし、一度会ってそのときに本当に言うとおりの反応だったのならば、俺もあきらめただろうけど。

 

何度言っても会わせてくれないのでしかたなく身を引いたのが現状である。

このまま2~3年も経過すればもう一生あえないのが確定してしまうような気もしている。

 

正直、別れたときの子供の顔しかわからないのでだんだんと俺自身の子供への気持ちも切れていきそうで怖い気もする。

人は、忘れる生き物だから。

  1. 俺の借金経歴はこちら。https://syakkin500.com/500-syakkin800-kojinsaisei-ninniseiri-rikon/  
  2. カードローン・キャッシング経歴はこちら。 https://syakkin500.com/cardloan-sinsa/matome-sakusei/  
  3. 離婚のはじまりはこちら・・・・ https://syakkin500.com/rikon/sayonara/


Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?