借金体験談

借金の返済を無視してると会社に電話が来る?プロ借金持ちがその対策を教えます

今でも電話で会社・家にも追い込みある?バレるとどうなる?

借金の返済が遅れて無視していると家や会社に直接電話でクレームが入る。

そんな昔のドラマのイメージで、

ドンドン!!!

ちょっと奥さん!困るんですよね!ちゃんと返済してくれないと!

とかってのを考える人も多いのではないでしょうか。

実際には貸金業者の取り立てのルールで厳密に決められているため、こう言った取り立ては禁止行為とされています。

しかし、実際には督促とか普通にありますからね。このルール内で、連絡してきます。

今回の記事では

  • ルール内でのローン会社からの督促方法
  • 督促を受けないために、また受けた時どうするか

この2つを皆さんにお伝えしたい!!!




督促のルールとは?それのぎりぎりを攻めて督促してくる消費者金融

 

詳しくは貸金業法に定義されています。

簡単に引用すると….

第二十一条 貸金業を営む者又は貸金業を営む者の貸付けの契約に基づく債権の取立てについて貸金業を営む者その他の者から委託を受けた者は、貸付けの契約に基づく債権の取立てをするに当たつて、人を威迫し、又は次に掲げる言動その他の人の私生活若しくは業務の平穏を害するような言動をしてはならない。
一 正当な理由なく深夜とかに取り立てや電話、FAXしてはいけない
二 返済時期を明確にしてるのに電話や訪問をしてはいけない
三 脅すために会社とか家に訪問、電話しちゃだめ
四 訪問時に、帰れと言われても居座ってはいけない
五 家の窓などに張り紙したりしてはいけない
六 債務者に、親に借りろなどの言い方をしてはいけない
七 債務者等以外の者に対し、債務者等に代わつて債務を弁済することを要求すること。
八 債務者以外の人に、債務者の連絡先などを聞いてはいけない
九 債務整理対象になっている人に対して追い込みをかけてはいけない
十 債務者等に対し、前各号(第六号を除く。)のいずれかに掲げる言動をすることを告げること。

こんな感じです。

確かに、昔ほどは強引な取り立てができなくなったのは事実ですが、それでも出来る限りの方法で督促はしてきます。

さいみ~
さいみ~
次の項では、具体的な事例を紹介します

 




督促のルールの中での取り立てレベルは4段階!?

実際には、督促のルール内で正規業者はしっかりと督促してきます。

銀行・消費者金融側も自分の飯のタネですからね。必死です。

主に以下の通りです。

  1. 契約者持ちの携帯・スマホに電話(レベル1)
  2. 自宅に封書が届く(レベル2)
  3. 会社・実家に電話(レベル3)
  4. サービサーに債務を移転(レベルMAX)

多分レベル3~MAXまでには結構な段階が挟まってると思いますけど自分で体験したのはレベル3まで。

レベルMAXは借金ブログランキング内で聞いただけです。

レベル1:契約者持ちの携帯電話・スマホに電話連絡

ここまでは普通の借金持ちでもありますよね。クレカでも引き落とし不能なら電話かかってきたりしますし。

基本的には、この時点で電話に出て『いついつまでに返済します』と言っておけば法律上、消費者金融・銀行はそれ以上口出しできません。

もしも追い込みしたら法律違反ですからね。大手ほど、何も出来ないと思います。

レベル2:自宅に封書が届く

これもあります。最初はちゃんと個人名とかで送ってくれますけどのらりくらりとかわしていたら、プロミス、アコムとかの本名で送ってきます。

レベル1で無視さえしなければ大丈夫だとは思いますが、早めに返済しましょう。




レベル3:会社・実家に電話が入る

債務者本人に連絡がつかない場合、こうなります。

それも督促ではなく会社名を出して

○○さん、います?**銀行の??と言いますが連絡差し上げたいことがありまして。

という感じで掛かってきます。

私の経験では唯一大手銀行のバ○クイックでこれをやられました。

会社に電話かかってきたのには相当焦りましたよ。

レベルMAX:サービサーに債務移管する

ここまでは私は体験したことがないです。

こちらの弁護士事務所の記事を紹介させていただきます。

債権譲渡・サービサーとは(さくら総合事務所)

サービサー(債権回収会社)とは、金融機関等から委託を受けて、または金融機関等から債権を譲り受けて、債権管理・債権回収の業務をおこなう専門業者で法務大臣の許可を受けた民間の専門業者のことをいいます。

日本では、このような業務を弁護士または弁護士法人以外の者がおこなうことは弁護士法という法律によって禁止されていましたが、例外として、「債権管理回収業者に関する特別措置法(サービサー法)」が施行されて、民間業者による事業が認められることになりました。不良債権の処理等を促進するためにサービサー法が作られたのです。

サービサーは基本的に国からの委託を受けてやるので本物かどうかはネットで調べたらすぐにわかります。

下に引用しましたけど、法務大臣の許可がいるんですね。

サービサーは、まず、法務大臣の許可を得なければ債権管理・回収業をおこなうことができません。

サービサーに債権譲渡されたりしたらどうする?

ぶっちゃけ、そんなにビビる必要はないみたいです。

むしろちゃんと返済するための提案をしてくれるはず。債権回収するのが仕事ですからね。

サービサーに債権譲渡がされたら

金融会社への支払いがとどこおっていると、貸主である業者から債権回収会社(サービサー)に債権譲渡をしたという内容証明郵便が届くことがあります。

債権回収会社」というと何だかとても怖い取り立てをされるように感じられる方もいらっしゃいますが、そのようなことはありません。ただ、今後の返済の交渉は、もともとの貸主ではなくサービサーとの間でおこなうということです。もし債権譲渡通知書が届いたら、きちんとしたサービサーに債権譲渡がおこなわれたことを確認しましょう。

本当にこうなるかはわかりませんが、法律の専門家の意見としてちょっと気になる部分がありましたので引用します。

したがって、全額の支払いが困難な場合であっても、交渉次第では借主の希望にある程度したがった和解をしてもらえることもあります。

これは朗報ですよね。

もしかしたら債務整理するより楽かも……?

さいみ~
さいみ~
次の項では対応レベルが上がっていくのを防ぐための施策を書いていきます。




会社や実家に電話をかけられないために

最後のサービサーまでいくのは中々ないと思いますので辞めときます。自分もそこまで行ったことないですしね。

レベル2までに抑えるにはただ一つ。

さいみ~
さいみ~
ちゃんと電話に出ようぜ!ヒャッハ―!!!

これだけですね。

正直、なんども電話してこられたら無視したくなるのもわかります。

でもそこを無視せずに出るだけなので簡単っちゃ簡単な対策です。

電話は無視するな!




ブラック対応の消費者金融は闇金と紙一重

ブラック対応の消費者金融はホントぎりぎりの商売してるので、こんなこと言うのもなんですが闇金と紙一重ですよね。

大手と違ってぎりぎりの人を相手にしてるので。

借金ブログを読んでて、家にまでこられた人もいるみたいですしね。だからブラック対応の消費者金融は普通とは違います。

  • 住民票
  • 実家の電話番号と、親の携帯番号

この辺の情報も取られます。まあ、それだけ必死だということです。

アイアムは本当に電話無視してたらヤバいのですぐに電話に出ます。




会社どころか親にも電話が来る。返済は最優先に

会社なら、まあいろんな電話かかってきますしそのうちに忘れてもらえるでしょうけど。

親に電話が直接いくとやばい。

会社にいくより、親に電話いくほうがやばくないですか?

それは勘弁してほしいですよね。

私もそういう危険性がある金融にはすぐに返済していました。そのほうがいいと思います。

 




会社にばれたらどうなる?一部上場会社員が考える

会社にもしも借金がばれたら?

多分それだけではクビにならないです。

だって、それでいくとマイホームローンもってる人全員クビになるでしょう?

要は、その借金によって仕事に集中できないとか、社内でトラブル起こしたり会社に迷惑(電話とか)がかかるとだめ。

そのためにも

さいみ~
さいみ~
ちゃんと電話に出ようぜ!ヒャッハ―!!!

ということを再度注意しておきます。

ABOUT ME
saimu
saimu
ハイローオーストラリアで借金総額1000万!! 3度目にして個人再生をすることに。 早期の解決を目指して頑張る!
債務整理の依頼はここがおススメ!

通常は初回30分5000円の相談料金が、借金問題に限りずっと無料相談OK!
さらに弁護士費用の分割払いにも対応しています。(任意整理2万円/月~、自己破産4万円/月~)

借金の整理を依頼するくらいんなので、お金がないのもわかります。

「1円も持たずに弁護士に相談なんて出来ないよね。」

「弁護士って依頼するのに数十万掛かるって聞いた!そんなお金ないよ!」

私もそう思って、連絡するのを躊躇していました。なんなら、無料相談受付中とかって、後で金取るんやろ!!って思ったくらいです(笑)

でもそれはデマです!無料相談できるし、当然分割払いで支払いは月2万から!

弁護士に電話するのは気がひける・・・
でもメールだと返事を待たないといけないので、その間不安ですよね。

スピーディーなチャット相談を利用して、安心できるところで一刻も早く借金問題を解決しましょう!

弁護士法人アドバンスはメディア掲載・出演実績も豊富で、安心できる弁護士集団です。

☞無料でチャット相談はこちらから