お金

子供のお年玉は、親が管理すべきか??

2015年もあとわずか。

去年の今頃は、カードローンを探しまくって契約し、クレジットカードでもキャッシングで

借り入れしながらバイナリーオプションで四苦八苦してました。

今年はそのツケで質素な生活を送っています。

そのときのカードローン地獄過去記事

さて、年始ともなれば実家などで親戚から子供あてに「お年玉」をもらいますよね。

ちなみに、去年のお年玉はギャンブル狂のわたしにより、バイナリーオプションへ消えております。

反省。

【スポンサード リンク】

嫁にも散々、言われましたわ。「子供のためのお金に手をつけるなんて、最低や!」と。

さて、今年のお年玉ですが、当然のごとく、子供用の口座に貯金です。

まあ、まだ小学校にも入っていないですから。自分でお金を使うこともできませんしね。

ただ、小学校くらいになってくると、お金の価値や使い方も徐々にわかってくることと思います。

私の小さい頃は、親と祖父母からのお年玉のみ、好きに使ってよし。

他の親族からのお年玉は貯金。

といった流れでした。小学校のころは、スーパーファミコン世代でしたから、お年玉は

ほぼ、ソフトの購入費に消えていましたね。

貯金してくれていた分は・・・・・・・

これまた、私のバイナリーオプションの借金返済にあてられて消滅しています。

カードローン、クレジットカードのキャッシング、ショッピング枠の天井張り付き。

罪深き、バイナリーオプション・・・・・。

貯金と投資、どっちがお得??

貯金を選択するのなら、良く考えて定期預金の預け先を決めたほうがいい。

現在、預金の金利はかなりいいところでも1%いかないくらい。

JAやゆうちょとかでも0.3%とかやしね。

しかも、預ける金額は100万にも満たないでしょう。

そうなってくると、資産運用という面では貯金というローリスク・ローリターンでいくのも、

あくまでも「絶対に手を付けない」「いざというときのための資金」としては価値がありますが

「攻めの資産運用」として他の投資案件も模索するのがいいのでは?

たとえば、子供の将来のための「学資保険」。

これなら、長期に渡り実質的に貯金として払っていけます。

わたしも、こんな借金生活のなか学資保険をかけています。子供が大学に行くまでの

面倒は見てあげないと・・・・「親」として。

あとカードローンについてはあえて使わせて管理できるかどうかを見るというのもひとつでしょうね。

まったく経験がなければ、まったく使わないか、私見たいにめっちゃ使ってしまうかのどちらかなので。

他にも、保険として見るならば「年金保険」など、いろいろあります。

保険商品での貯蓄・運用を検討するなら「保険マンモス」へ相談してみてはいかがでしょうか。




Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?