gazou6

今晩は。

 

借金1000万から個人再生→任意整理→離婚という最悪のコンボをかましてきた、saimuです。

 

今日は久しぶりに債務整理の話でも。

 

俺が債務整理を考えたのは、1度目の借金がばれた時からです。

 

あの時は、自分の家に金が無かったので正直、このまま普通に返していくのは無理やし債務整理も視野に入れないといけないなと思っていた。

 

でも、嫁さんは「家が欲しい」とかって夢があったからそういったことを言い出せず。

 

そうしているうちに、両親が内緒で貯めてくれていた定期貯金を崩して払ってくれた。

 

正直、あの時に全部話していれば・・・・って2度目のときにホンマに全部を話して全決済したのに再び短期間で800万も借金した男の言い分じゃないな。

 

俺、たけしを超えるホンマもんのクズ人間やからな・・・・。

 

自分にだらしないから、こうやってぶくぶく太ってしもてるわけやし。

 

そういう意味では、この2週間のダイエットチャレンジはいい意識転換の契機になってる。

 

ギャンブルしたいとも思わんようになってきたし。

 

ちょっと話がずれたな・・・。債務整理の話。まずは、俺が800万の借金から個人再生に至ったところから軽く説明に入ろうか。

 

【スポンサード リンク】

 

借金800万からの復活をかけて、アディーレ法律事務所へ連絡。

 

借金800万が発覚し、嫁と子供に出ていかれて茫然自失の俺。

 

俺は、はっきり言ってこのまま死にたいとも思っていた。まあ、こうやって書いている時点で本気ではなかったんだろうけど。

 

死んだところでなにも状況は改善しないし。海を見つめながら、色々と考えをめぐらす。

 

どうしたら・・・・・どうしたらいいのか。

 

両親へはすぐに連絡し、その報告を終えてから海へと車を走らせた。

 

そして、防波堤の上に一人座り、考える。何のために、俺はバイナリーオプションにあれだけの借金をしてお金をつぎ込んだのか。

 

家が一軒買えるほどの金を無くした。何度も、何度も辞める機会はあった。

 

そして、嫁にも子供にも嘘をついて。何も知らないふりをして生活をしていた。まさに薄氷を踏むような生活。

 

何も知らない嫁。そして無邪気に遊んでいる子供。

 

2人の笑顔は、もはや見るとはない。別れ際のあの言葉。「もう二度とこの家に帰ってくることはないから」

 

そう、俺は2度も失敗してもなお分かっていなかった。失って気付くなどと言ってもおこがましい。

 

俺は自分で彼女たちを捨てたようなものなんだから。

 

そんな風に、自己嫌悪しながら、現実的にすぐに打てる手段を模索する。やはり、債務整理に着手するしかない。

 

個人再生か、自己破産。俺の給与ではとてもじゃないけど任意整理ではやっていけない。

 

問題は、たった3ヶ月で積み上げたこの異常なほどの借金を個人再生できるかどうか。

 

考える前に、アディーレに電話相談をしていた。早速、初回の面談日が設定される。いよいよ、俺も金融事故者の仲間入りか・・・。

 

借金カテゴリーの皆さんにも忠告されていたのに、そして、自分でもブログに「もうやらない」と書いておきながらもまたやっていた。

 

無謀な自己流取引。なんの根拠もない取引を繰り返し、結果としてぼろ負け。

 

その結果。俺は法律事務所の前に立っている。

 

【スポンサード リンク】

 

一筋の光明・・・しかし、ここからが本番。

 

アディーレの事務所に行き、弁護士と直接話をして個人再生で手続きを開始することに。

自己破産はできればしたくなかった。

 

まだ開始したばかりだったが、子供の学資保険を守りたかった。せめてもの償い。

 

手続き開始前に、一応医者で言うところのセカンドオピニオン的に他の事務所も相談しておこうと、こちらの借金減額シミュレータを使ってみた。

はっきり言って、話を聞いてくれるならどこでもよかったし、アディーレの着手金や報酬の設定が適正なのかを実際に聞いてみたかったのもある。

 

ちなみに、このときシミュレータを使うのは2回目。

 

2度目の嫁バレのときにもさすがにもう余裕はないと思い、覚悟して一度はこのシミュレータを使って申し込みをしていたから。

 

その時は大阪の司法書士事務所からの電話があって、実際に債務整理を進める前くらいまで話を勧めていた。が、結局は両親の助けを得て2度目も完済ということになったためその話は流れていた。

 

今度は同じ市内の事務所がヒットし、実際にそちらの事務所にも行ってみた。

 

こちらの事務所は、ネットで調べると「法テラス」にも所属しているようで、もしかしたら費用を抑えられるか?との期待もあった。

 

その結果は、事務所が小規模な上に現在途中の案件があるため引き受けられないとのことだった。

 

正確には、申し立てに時間がかかるだろうからアディーレにそのまま依頼するほうがいいだろうとの助言をいただいたのだが。

結局、アディーレで個人再生を進めることに。

 

半年の別居後、離婚。そして個人再生から任意整理、完済へ。

 

半年の別居を経て、もう元には戻れないとお互いの判断で離婚。

 

離婚協議書を作成し、すべては協議のみで離婚が成立した。あっけない・・・。

 

そして、それと同時に両親からの最後の援助の誘い。

 

これを受けずにいる選択肢が俺の中には無かった。32歳のおっさんがまだ親の脛かじりかと批判されそうだが。

【スポンサード リンク】

 

事実としてはこのとおり。

 

そして、任意整理に切り替えて完済したというのが俺の債務整理ストーリーです。

個人再生手続きを半年。

 

任意整理に切り替えて、最終の和解まで3カ月でした。

 

最後まで粘ってきたのは楽天カードでしたね。結局、利息込みの全額を支払うことになりました。

 

 任意整理や個人再生は家族に内緒で出来るのか?

 

これは、イエスでもあり、ノーでもあるような気がします。

 

個人再生の場合は、家族含めた世帯収入を「家計簿」として提出しないといけなくて、これを嫁さんに内緒で提出するのは骨が折れるでしょう。

 

また、郵送物もきますしね。そして、証拠書類として給与明細のコピーの提出もあるためかなりハードルが高いと言えるでしょう。

 

任意整理の場合はそこまでの必要はなくて。

 

和解手続きに入ったらその時点で督促が止まるのであとは和解後に向けて資金を積み立てていくのみ。

 

私はその段階までもいかずに完済したので詳しいところは実体験していないのでわかりませんが・・・。

 

任意整理であれば、資料集めや提出も少ないので秘密で債務整理をするのは難しくないかもしれませんね。

 

ただし将来利息をカットするだけなので支払い額は元本全部支払いです。そのため毎月の支払額は当然他の手段に比べて多めとなります。

 

そのあたりを注意しながら、内緒の借金の任意整理に取り組むといいでしょう。

 

最後に借金の相談をするなら法テラスか、こちらの借金減額シミュレータからの相談をお勧めします。

 

知り合いの弁護士がいたり、近くに大手の法律事務所があるならそちらに相談するのもいいと思いますよ。

 


Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?