借金トレンドニュースと雑記

新宿事務所 | 日司連からの注意通告に反論

過払い金の請求も、そろそろ落ち着いてきた感があります。

そんな中、2016年2月に司法書士法人・新宿事務所が過払い金請求の件で日司連の指針にそむいて不当に報酬を受け取っていた事案が明るみにでました。

グレーゾーン金利の借金について、金利を今の正当なものに引きなおしただけでは報酬を受け取ってはならない(適正な利息に計算し直しただけの場合、報酬を受け取る根拠は薄いため)としていたが、それに反している内容だ。




日本司法書士会連合会の指針に従わなくても、罰則なし?

実際には、法律で定められているわけではないらしいのであくまでも、債務者の生活再建を手助けするためのローカルルールのようなもの。

日司連の指摘に対して、司法書士法人「新宿事務所」(東京都)は、

「指針と異なる契約を結ぶことは許される」と反論している。

まさに、依頼人のためという意識が無い、金の亡者!借金で困っている人からまで搾取しようとしているとは・・・。ゲスの極みですな。

他の、日司連の通達の通りに仕事をしている大多数の司法書士事務所の皆さんに謝れ!!

ホンマに、とんでもないですわ。こんな事務所は、過払い金最大手といえども依頼する必要はありません。というか、この件で開き直ったらあかんでしょう。だって他の事務所は通達守ってやってるわけですから。

この事務所、これから依頼が激減するんちゃうかな?だって、他のとこやったらお金取られへんのやから。無知というだけで、損をする社会・・・・。百歩譲って、一般社会ではそれでも仕方ないかもしれませんが、法律というルールを遵守することを義務付けられている司法書士の人がローカルルールといえども他の事務所が守っているルールを破ったらいかんでしょう。




債務整理も、事務所によって金額は変わってくる!!

債務整理費用も、事務所によって変わってきます。基本的な額に関してもある程度幅があるみたいですね。それでもそれすら知らなかったら、弁護士費用で損をすることに。

まあ、金額が安ければいいもんじゃないですけどね。ましてや、借金問題で追い詰められた上での相談なので早く楽になりたいとの気持ちが先に出るので、仕方ないところもありますが・・・・。

でも、まともなところから借りている分には、1ヶ月くらい遅れても最悪大丈夫ですし、事情を話せば待ってくれます。急いで契約しなくても、ない袖は触れないのだから1~2週間はちゃんと情報収集した上で債務整理に取り組むといいんじゃないでしょうか?

 

ABOUT ME
saimu
saimu
ハイローオーストラリアで借金総額1000万!! 3度目にして個人再生をすることに。 早期の解決を目指して頑張る!
債務整理の依頼はここがおススメ!

通常は初回30分5000円の相談料金が、借金問題に限りずっと無料相談OK!
さらに弁護士費用の分割払いにも対応しています。(任意整理2万円/月~、自己破産4万円/月~)

借金の整理を依頼するくらいんなので、お金がないのもわかります。

「1円も持たずに弁護士に相談なんて出来ないよね。」

「弁護士って依頼するのに数十万掛かるって聞いた!そんなお金ないよ!」

私もそう思って、連絡するのを躊躇していました。なんなら、無料相談受付中とかって、後で金取るんやろ!!って思ったくらいです(笑)

でもそれはデマです!無料相談できるし、当然分割払いで支払いは月2万から!

弁護士に電話するのは気がひける・・・
でもメールだと返事を待たないといけないので、その間不安ですよね。

スピーディーなチャット相談を利用して、安心できるところで一刻も早く借金問題を解決しましょう!

弁護士法人アドバンスはメディア掲載・出演実績も豊富で、安心できる弁護士集団です。

☞無料でチャット相談はこちらから